Tシャツって何?

Last update:2014/10/17

Tシャツについて

Tシャツって何?


皆さんが普段からよく身に着けるTシャツ、現在では多くの種類や柄の入ったTシャツがあります。

多くのアーティストやデザイナーなどのデザインやロゴが入ったTシャツが多数存在しています。
それだけ、ファッションの一環として、Tシャツを着る人が増えてきたといえないでしょうか?
それに、Tシャツとの組み合わせも重要!スカジャンの下にチラッと見えるTシャツはオシャレポイント!
スカジャン通販販売店などでスカジャンを購入して、自然な感じのTシャツを選びたいものです。
それだけに、今やTシャツは個性を主張するには欠かせないアイテムになってきました。
より個性を出したい人は自分で染色などをやってみてはどうでしょうか。思ったほど難しくはないので挑戦してみる価値はあります。
他にも、業者の広告、お店の店名、映画の宣伝、チームのロゴなどといった一種の
広告版といった使い方もあります。

そこで身近に在るクラスTシャツ・オリジナルTシャツについて紹介しようと思います。


Tシャツについて

Tシャツは、最も気楽に身に着けられる販売促進グッズです。コミュニケーションアイテムとして不動の人気です。イベント名や会社の名前、ロゴやイラスト、キャラクターなどを入れて作るのが主流です。

イベント会場などでは、宣伝用やノベルティグッズとして使えます。ショップなどでは販売品として使えます。お気に入りのTシャツを手に入れた人は、誰かに見せたくなったり着て歩いたりしたいものです。
歩く広告として、Tシャツはよい宣伝になりますね。Tシャツの種類は、半袖Tシャツ、長袖Tシャツ(ロングtシャツ・ロンTとも言います)、七分袖Tシャツ、ラグランTシャツ、Vネックtシャツ、ポロシャツ等があります。

種類は色々ありますが、Tシャツは何といっても着心地が重要です。着心地がよくないと良いグッズとはとても言えません。そして選ばれるポイントとしてはデザインです。Tシャツに描かれるデザインがダサいとつまらない物になってしまいます。センスのいいデザインでオリジナルTシャツが作れるとよいですね。ちょい悪なロックを少し匂わすデザインをしてみてもいいかもしれませんね♪


Tシャツの歴史について

もともと農民、労働者などが着用する簡素なアンダーシャツ(下着)のことでありました。
第一次世界大戦で、ヨーロッパに進攻した米国陸軍兵士の一部が、当時の官給品であるアンダーシャツがウール製であったため、肌にちくちくするとして、フランス農民が着ていたこの種のシャツを買って着用したところ、実用性、着脱性にすぐれているということから本国に持ち帰ったようです。
そして、白無地の簡易シャツとして労働者、農民、船員などの人々に普及していきました。
Tシャツというネーミングも、広げた時の形態をとってつけられたようです。
この時代のTシャツはあくまで下着であり、労働者などの下層階級の人々が着用するアイテムとなっていました



下着としてのTシャツから街着へと変身を遂げたきっかけは、1951年の映画「欲望という名の電車」でマーロン・ブランドがTシャツ姿で町を歩き回り、また55年の映画「理由なき反抗」でジェームス・ディーンが着たことによるようです。
革ジャンの下に、Tシャツを着て、バイクをとばすという風潮になり、Tシャツの胸や背にグループ名などを書きなぐったのが、今日のTシャツへの文字や図柄入りの始まりでありました。
それ以降、大統領選のキャンペーンTシャツとして、ヒッピー族のジーンズの上着として、またバドワイザー社の商標入りTシャツとして若者たちに愛されてきたようです。


おすすめWEBサイト 5選

子供用ワンピース
http://www.rakuten.ne.jp/gold/kids-news/
韓国 スマイルバーキン
http://b-panther.com/
福岡 ウェブサイト制作
http://tony-base.com/
歯周病 横浜
http://www.sugiyama-dental.com/
ネズミ 駆除
http://www.kaiteki-club.net/cat_nezumi.html

Last update:2016/6/23